建築基準法違反の手抜き工事だらけのエクステリア、造園業界。 愛媛は今治の蒼園(しょうえん)

お問い合わせはこちらへ limegardens@gmail.com   ☎0898-48-2992                

ホームページはこちらです➡ http://www.shoenda.com/

家そのものの木材も、ウッドデッキや木塀の木材も、庭の雑木も違法材(盗木)が混じっているのが今の日本!


 今日は最初から引用です・・・・


以下Foe Japanブログ(2019年9月17日付日本にもあった違法伐採!! 波紋拡がる宮崎県の盗伐事件 )より引用 



本稿で触れた仲介業者のYやT、素材生産業者のS社、その他、素材生産業者のS社、M社、K社、A社など、被害者の会会員の調べで確実に盗伐に関与している業者が判っています。中には業者自ら「俺が伐った。盗伐だった」といった証言をした事例もあります。驚くことにこれらすべての事業者は宮崎県造林素材生産事業協同組合連合会(宮崎県素連)によって合法木材供給事業者として認定されています。

引用おわり






 年内に「国産の合法木材」を使用した木塀をS市で作ることになった。それに対して愛媛県でこのたった一件のみの工事に対して国から若干の助成金がお客様に対して支払われることになった。(※ その申請並びに受理の経緯等についてはお客様のプライバシーが晒されかねないためここでは割愛)

 で、材料たるこの「合法木材」は、県内の大手事業者から弊社が供給されるのだが、まぁ・・「合法木材だと信じるしかない」のだ。トレースは事実上無理だし・・・(´;ω;`)


 

 なんだそりゃ?・・・・と思われた読者の皆様・・・・。



 そうなんです・・・・私はいつもイペだのジャラだの日本でウッドデッキに使われる「南洋材のハードウッドの伐採違法性について」口酸っぱく書いてきましたが、いよいよ国産の木材の違法性もクローズアップされてきました。


まあ是非とも下記リンク先をご覧あれ・・・・驚きますよ。これが日本の現状かと・・・。

以下引用



日本にもあった違法伐採!! 波紋拡がる宮崎県の盗伐事件その1


https://foejapan.wordpress.com/2019/07/29/miyazaki/


日本にもあった違法伐採!! 波紋拡がる宮崎県の盗伐事件その2


https://foejapan.wordpress.com/2019/09/06/miyazaki-002/








 引用おわり



 丸裸になった山に新たに木を植えることさえもしない。切れば切るほど売れるから切る。今が良ければ全てよし。その際に小さなひょろひょろのいわゆる雑木(自然に山野に生えてる主に広葉樹を指し、それらを総称してこの国では雑木と呼ぶらしい。本来は個々に名前がありますので、雑木とはちょいと投げやりな言い回しですがね)が集められ、日本の今の家の庭を飾る。


「雑木の庭」として。


 雑木の庭の木は山を丸裸にするときに集めやすいんです。だって山を全部丸裸にするから林道も整備できるから大きな木も小さな雑木も運び出しやすくなるんです。しばらく前なら誰も見向きもしなかったヒョロヒョロの木が今は高値で売れるんだからwww。


 ふぅ~~


 家そのものの木材も、ウッドデッキや木塀の木材も、庭の雑木も、その伐採等の過程において盗木等の違法木材がそれなりに混じっているのが日本の現状です。


 まあ、雑木の庭の木がどんなところで採取されるか殆どの人は知らない。例え顧客が伐採業者に山を案内されたところで、そんなことは誰も話もしないし興味そのものがない。杉やヒノキは家になり、大木の広葉樹は家具等になり、将来のために残すべきヒョロヒョロの手ごろなのは根こそぎ抜かれ都会の庭を飾る・・・・。


 家の庭の為に山の再生産の為の広葉樹が根こそぎ抜かれ、あれ無残・・山が裸に・・・・。

 家の為に、バイオマス燃料の為に、塀の為に、デッキの為に・・・山が裸・・・。

 なんか、書いてて自分でもよくわからなくなってきちゃったw


 あとがき・・・

 この記事を書いたあと宮崎のこの問題について検索したら、他に書いておられる方二名がひっかかりました。「ありゃりゃ・・・やっぱりこのお二人か・・・・wwwwww」

 で、そのお二人とは県外のライターのAさんと県内は松山のBさんですが、私はどちらも面識があります。お二人とも頭の良さは抜群・・・・そのうえなぜか考えることのラインはよく似ているのですが、大体において私は後追いのうえレベルが低いですw

 でも林業そのものに従事している方は有名な方でも一切この問題には触れないようですね。建築も土木も造園そしてエクステリアと同じく林業界も闇が深いな~~~。



 
現在日本ブログ村エクステリア、ガーデン部門でインポイントが2位に陥落であります。ということで・・・下のエクステリアの囲みをポチ。「押してやるかっ!」なんていわずにポチ。ありがとうございました。

にほんブログ村 住まいブログ エクステリア・ガーデンへ


大雨のなかの、さらには大雨のあとの地盤調査のいいかげんさ!

※ ご覧になられる機種によっては毎度の如く字の大きさや段落が滅茶苦茶になっておりますが、情けないことに私には直す能力がありません。 読みにくいですが…申し訳ございません。




今日主に九州で大雨が降り続き、長崎、福岡等で大きな被害がでているようだ。さらに今後も雨が続くとか・・・。

昨年県内あちこちの復旧に動いた西日本豪雨のことが脳裏を過る。


もちろんこの今治だってまた何事がおこるかもしれない。 弊社近隣でもふたつの橋の橋げたが流された。




さて・・・・

先ほどテレビ朝日の報道ステーションを見ていたら「土の水分量がとても多くなっています」と九州北部が真っ赤になった図の説明をしていた(赤が水分量が非常に多いということ)。





でも・・・今日もこの赤い地域で予定通りにスウェーデンサウンディング方式なんかの地盤調査をしたところもあるんだろうな・・・・そして明日も、明後日もね。





ふーっ・・・・



この真っ赤な状態では場所によってはすでに地中において浸潤前線は大きく移動(消滅といってよいか)していますのでつちはユルユルです・・・・えっ、浸潤前線????でございますか・・・・


ご説明致します・・・



浸潤前線について

以下   А.И.Будаговский:研究の資料と記録 第9集,昭34 、 田淵俊雄:農 土研別册第1号(近 刊) より引用

ここにい う浸潤 と浸透とは土 中の透水現象を表わす 言葉 であ る。浸潤 とは土 の中へ水 が しみ こんでゆ く現 象を さし,土 中の水 の運動 の最初 の段 階 ともいえ るも のであ る。 この場合には水 の運動方 向に前線 が存在 し て,水 が到達 した部分(浸 潤部)と 未到達部分 とを分 けている。浸 透は給水源 と排水 口 とが連続 した流れ で あ り,浸 潤 とは違 って前 線を もたない。 このよ うに浸潤 と浸透 とは同 じ土 中の透水現象であ りなが ら,前 線 があるかないか とい う点で異な ってい る。 この前線 は単 に浸潤部 と未浸 潤部 とを分けてい る とい うだけでは な く,同 時 にそ こに前進 毛管力が作用 してい ることを表わ している。 だか ら浸 潤は未 浸潤部 へ水が新 らし く浸入 してゆ くとい うことと共 に,重 力 以 外に前線方 向への毛管力 が作用す る流 れである とい う点で浸透 とは区別 され る。

引用おわり





まっ、今日の状態は以下のようなものです…

報道ステーション内で図示された赤色(思想的意味ではござんせんw)=最大レベルの水分率(お腹が水ぶくれ)


当然こんな状態で今日が予定日でござんすとスウェーデンサウンディング方式なんかの「なんちゃって子供だましレベル調査」をやると、やわい値なんかが出ちゃったりするのでござんす。
 


ではこれと正反対の土壌の状態という意味で・・・・・・

夏場の全然雨が降らない時の土壌水分を生物学的観点から眺めたら・・・

 植物が萎れて回復しない状態=最小の土壌水分率(WP θpwp  −1500 J/kg (-15 bar) 記号や数字の意味なんぞわからなくて結構ですw 専門家向けに一応書いてるだけです)



このときにスウェーデンサウンディング方式なんかの「信じる方がどうかしてる調査」をやると、今日のような前線が消滅している状態より
カチカチの値がでる確率がとても高いのでござんす。



で・・・・これを同じ土地で最大の水分率と最小の水分率(専門家の方へ:ここでいう最小とは前述の通り全乾ではない。あくまで萎凋点を基準に考えた現実的な数値)の日に比較調査した場合どっちの値が本当の値?

また明日以降の一旦止んだあとの二次降雨では、浸潤でなく浸透となり地下水位にもさらに動くところも増えるはず・・・・ということで今日と明日また明後日以降でも値は全然ちがうはず。(但し、本日の時点でも既に浸透といえるところも相当あるはず)

報道ステーション的に明日以降の二次降雨後の状態を書くならば

最大レベルの水分率(お腹が水ぶくれ)+脚とか腰とかさらに極端に言えば頭まで全部水に浸かっている状態
 



これら、条件の違う土壌の状態で地盤調査してどうやって比較すんの?

補正・・・どうやりましょか?

誰か知ってますか?

えっ・・・誰も知らない???? それまともな仕事かいな?

それを信じて、数十万、数百万の地盤改良の銭をつぎ込むアナタ・・・・

超アナログ、超非科学的、うさんくさい地盤調査の世界。

誰もここに突っ込まない。

お笑い建築土木業界!


現在日本ブログ村エクステリア、ガーデン部門でインポイントが2位に陥落であります。ということで・・・下のエクステリアの囲みをポチ。「押してやるかっ!」なんていわずにポチ。ありがとうございました。

にほんブログ村 住まいブログ エクステリア・ガーデンへ



たった100ボルト!驚異の鉄筋コンクリートカットマシン!!!!なんだこりゃ?

ブログなんてあんまり書かないから、アップしていない写真がごまんとあります。

そんな過去の工事例から・・・・




P9290097



何やってんだ・・・・この作業は・・・・と、疑問の読者のみなさま。

はい、鉄筋コンクリートの塀をカットしています。
向こう側には廻れません。
こちら側からのみの作業になります。
そういうことでとても大変な作業です。

お客様のご要望で、やかましくて粉塵がたくさん出るエンジン式のカッターは使えません。
もちろん電気式ではパワーがありませんので、常識的にはこれも絶対に使えません。


P9290095


P9290098


でも・・・実のところ弊社は100Vの電気のカッターでやってますwwwwwwww。

電源コードと水道のホースが見えますねwwwwwwwwwww。

塀も濡れています・・・電気式なのに水を出しながらコンクリートを切っていますwwwwww。

ああ、ご心配なく・・・・そういう機械ですので。

まっ、水冷式の効果もあってもちろん粉塵はでませんが、少量の水を使用しますので「ノロ」が発生します。服が汚れますので雨がっぱは必要です。でも粉塵にはなりません。



それとですね、これ・・・ものすごく広い幅でカットしています。こんなカットはエンジン式でも無理です。

また上のコンクリートが崩壊しないよう、クサビを打っているのが見えますね。

そのクサビのための切り幅が驚きの約25mmから30mm以上ありますので、こんなカットは日本ではまずお目にかかれないでしょう。
だってダイヤモンドカッターのディスクの厚みはせいぜい2mmちょいぐらいしかありません。そんなもんで切っていたのではこんな切削幅のカットはできません。

そういうことでじゅうぶんに切削幅があるのできちんとしたクサビが打てます。でもってそのクサビでひょいひょいと固定しながら作業していますのでどこまでもエンドレスで切ってゆけます。で、この機械の能力ですが、なんとなんと両面切削の場合なら約750~810mmもの厚さの鉄筋コンクリートをカットすることができますが、さすがに100ボルトではちょいと無理・・・・まあ理論上は可能ですがね。でも無筋コンクリートなら可能です。たとえば重力式擁壁なども振動を与えずにカットできます。そのうえたった100Vですからとても静かです。

よく「ガガガガガ~」とハツリ(ハンマー)でやってますが、あれでは残すところにも障害がでますよね。そういう意味でもこの業界は極めて遅れてるんだなと思います。それとレスキュー業界なんかもね。

繰り返しますが、これ・・・・一般家庭用電源の100Vの電気のカッターで作業してますwwwwwwwwww。


さてさて・・・・業界関係者のかたは一体どうやればこんなことができるのか不思議に思うことでしょう。


お考え下さいwwwwwwww。


現在日本ブログ村エクステリア、ガーデン部門で、いまのところインポイントが2位に陥落であります。・・・ということで・・・下のエクステリアの囲みをポチ。「押してやるかっ!」なんていわずにポチ。ありがとうございました。

にほんブログ村 住まいブログ エクステリア・ガーデンへ


最新コメント
記事検索